お盆の時期こそ、法務局へ行ってみましょう!

IMG_5733
 本年5月29日から、「法定相続情報証明制度」(以下、「本制度」という。)が始まりました。

 人が亡くなったとき、相続人はその権利・義務を承継し、相続手続を行わなければなりません。 

 しかしながら、近年、特に不動産について、所有権移転登記(相続登記)の未了により、「所有者が不明」となることが社会問題となっています。

 いわゆる「空き家問題」等もこれに属するものです。

 その要因として、現行の相続手続制度は、膨大な書類(戸籍・除籍謄本等の収集)及び煩雑な手順を要することから、一般の方には抵抗が大きく、結果的に放置されてしまう傾向にあることが指摘されています。

 本制度の発足により、相続人が法務局(登記所)に対し、必要書類を提出することにより、登記官がその内容を確認のうえ、「法定相続情報一覧図の写し」(以下、単に「証明書」という。)が交付されます。

 現行制度では、いちいち書類の返却等のやり取りを要しますが、本制度はこれを簡素化し、あらかじめ必要な通数の証明書を請求することにより、銀行や法務局での手続を同時進行的に進められることに大きな意義があります。

 本制度は、相続登記の促進を主な目的としておりますが、不動産を含まない場合についても利用することが可能となるため、亡くなられた方(被相続人)名義の預金の払戻し等にも、証明書をもって、簡単に手続を行うことができます。

 ところで、「相続手続」は、行政書士の主な業務の一つです。

 私も、本制度についてはまだ勉強中ですが、効率よく相続手続を行うために、本制度を利用することを念頭に仕事をしております。

 詳細も含めまして、当事務所へお気軽にお問い合わせください。

 最後に、今日は、送り盆です。

 御先祖様が大切に遺された土地等について、きちんと整理がなされているかどうか、この機会に御家族と話し合ってみるのも良いのでは(^ ^)