【事例紹介】自動車の車庫証明申請及び移転登録手続について

P_20180330_150828_1
 今回は,となる会社(法人)が所有していた自動車を,退職手当として現物支給するという内容で,その譲渡に係る名義変更を承りました。

 不動産の公示方法は「登記」,自動車については「登録」という程度の知識しか有していなかった私にとって,今回の案件は,未知の領域。

 行政書士の取り扱う業務は,非常に広範囲に渡るため,プロを名乗っていても,「初めて」というときがございます。

 あとは,過去の行政経験を元に,いかにスマートに業務を完了できるかが,力の見せどころとなります。

 車庫証明をはじめ,添付すべき書類 とその意味合いについては,不動産の移転手続に近いものがあったため,特に違和感はありませんでしたが,予想外だったのは,陸運局の混雑具合と,受付窓口が閉まる時間でした。

 都合により,午後3時過ぎに訪れましたが,先入観で17時15分までは開いていると思っていたところ,16時で終了という悲劇に見舞われ,初日は申請できずに終了しました・・・。

 翌朝,気を取り直して開庁前に訪れましたが,それでもそこそこの混雑ぶりに驚きました。

 結局,2日かかってしまうという苦い経験をしましたが,書類等に不備がなければ,1時間程度で申請手続は完了いたします。

 色々と吸収すべきことのある案件となり,今後は,自信を持って御依頼を受けることができるものと思料いたします。

 つくば市,土浦市及び県西地域を中心とするHP行政書士事務所では,帰化申請,在留資格に関する申請,遺言・相続,会社設立及び農地転用に関する業務を中心に行っておりますが,今回のような事案についても,幅広く対応させていただきますので,お気軽に御相談ください。